本文へスキップ

電話でのご質問・お問い合わせはTEL.076-467-0679

〒939-2298 富山県富山市坂本3110番地

 はるかぜの丘

 
  比較的障害程度の軽い利用者に対し、生産活動への参加と生活を通して、働く喜びと自立への意欲を育て、生きがいのある生活が送れるように支援します。

 施設入所支援:80名
 生活介護  :80名
 短期入所  : 2名
 日中一時支援: 2名



健康と安全の確保


  1.  病気や怪我を防止するため、利用者の行動特性や健康上の留意事項を的確に把握するとともに、医務部と連携して、利用者が健康で安全な生活が送れるよう支援しています。
  2.  火災発生を想定した避難訓練を年2回実施し、利用者の安全の確保に努めています。



日常生活


 利用者の高齢化や重度化に伴い、基本的な生活習慣を維持し、健康で安全な生活が送れるよう必要な支援を行っています。



日中活動


  1.  生き甲斐のある充実した生活を送れるよう、適時適切な授産活動や生活支援に努めています。
  2.  農芸、椎茸栽培、手工芸及び内職の作業を設定して、作業効率の向上、作業意欲の向上に努めています。
  3.  苑内での消費や販売のほか、近隣地域や各種イベント、苑行事等における販売活動に努めています。
  4.  本人支給金を支給し、利用者に働く喜びと生き甲斐を感じてもらえるよう支援しています。
  5.  生活介護では、カレンダー作り、季節に応じた装飾、環境整備、喫茶などの活動を取り入れて、ゆとりある生活が送れるよう支援しています。
                
農       芸  農作業を中心に季節の野菜を栽培し、苑内外で販売しています。また、はぶ茶の加工処理、販売も行っています。
椎茸・手工芸・内職  椎茸の栽培及び販売、手工芸品の製作及び販売、内職作業の3班が相互に協力しながら活動しています。
 椎茸は苑内のほか地域でも販売しています。
 手工芸は伝統的な船峅織りの技法を受け継ぎ、県内の観光地を中心に販売しています。
 内職はゴミ袋の袋づめ、タオル整理を中心に行っています。
内       職  プラスティックのバリ取りを中心に行っています。
苑内事業所での活動  就労継続支援事業所工房CoCoや就労支援事業所あおぞらで活動している利用者もいます。



余暇活動


  1.  利用者のニーズの応じた社会経験の機会及び生活面における変化と活力が得られるよう、社会見学、買い物、宿泊旅行等の苑外学習やリクリエーションの機会を設けるなど、社会生活面の支援に努めています。
  2.  専門家を招いた「生きがい学級」活動を通して、自主性を育むとともに、発表の機会を設け、社会参加と生き甲斐を持てるよう支援しています。
     また、各教室の運営や企画について、利用者も参画できるよう努めています。
  3.  希望する利用者に対し、大沢野駅伝や各種スポーツ大会などへの参加を支援しています。



自治会活動


 利用者の自主的な活動(親睦、生きがい学級、日々の懇談)を尊重し、有意義な生活を送れるよう努めています。



機関誌「はるかぜだより」の発行(年2回発行)


 はるかぜの丘通信として、保護者に対し、情報等を発信しています。



はるかぜの丘商品紹介


 ●小物入れ
 ●ケース・カバー
 ●巾着
 ●ポーチ
 ●マット
 ●コースター
 ●熊鈴
 ●バッグ
                          商品一覧はこちら


社会福祉法人セー

〒939-2298
富山県富山市坂本3110番地
TEL 076-467-0679(代表)
FAX 076-468-3201